富士エコサイクル冷蔵庫の手解体工程

手解体の前に「断熱材の発泡剤(フロン/ノンフロン)」を分別し「断熱材フロン」を回収します。また、野菜カゴや棚板は、素材ごとに専用の破砕機で粉砕し「プラスチック素材」として出荷します。コンプレッサーは、ケースを切断し「鉄と銅線」に分別回収します。

冷蔵庫手解体工程

冷蔵庫の手解体工程を動画で見る

動画を見る

音声有り 00:24

動画を見る

音声有り 00:31

POINT! 巻線自動カット

冷蔵庫コンプレッサー、洗濯機モーター、エアコントランスを分解して、鉄と巻線(銅線)に分別します。
自動で巻線をカットする 「富士エコサイクル独自の設備」 を導入しています。

動画を見る

音声有り 00:17

プラスチック素材化

野菜カゴや棚板は、プラスチック素材ごとに専用の破砕機で粉砕し、プラスチック素材として出荷します。

プラスチック破砕専用コンベア

プラスチック専用破砕機




記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
本ページおよび動画に記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示( ®、™ )を付記していません。
掲載画像および動画はすべてイメージです。
iOS および Android 端末で動画を再生するには、2回タップする必要があります。