環境活動 : 環境マネジメント 環境教育・啓発活動

社員向け環境教育・啓発体系

富士通ゼネラルグループは、全社員の環境意識の向上と積極的な環境に対する取り組みを推進するために、体系的な環境教育・啓発を実施しています。

環境啓発活動

富士通ゼネラルグループでは、全従業員に向けて環境意識や知識の向上を目的に毎年6月に環境月間イベントを実施しています。2018年度は、全従業員を対象に「AKASURI標語コンテスト」を行いました。29件の作品応募があり、社内イントラネット上で投票を行った結果、大賞1件、事務局賞2件を選出しました。標語はポスターにして社内に掲示することで従業員の意識向上につながるイベントとなりました。また、同月間中には「SDGs」をテーマとしたe-ラーニングを実施しました。今後もこうしたイベントの開催を通じて、環境意識の啓発に取り組んでいきます。

アカスリ標語コンテスト大賞作品

環境教育

富士通ゼネラルグループでは、人材の基礎教育である新人社員研修や幹部社員研修において環境教育を実施しています。部門別教育として2018年度は国内・海外の製品開発者を対象に製品のライフサイクル全般の環境負荷低減を図るために社内で実施している製品環境アセスメントおよびライフサイクルアセスメントのシステム操作説明会を実施しました。また、内部監査員教育としては、新任内部監査員の育成を図る目的で外部講師による研修を実施しました。

環境教育の様子(2018年度新人研修)

関連リンク

  • 経済産業省:家電4品目の「正しい処分」早わかり
  • 一般財団法人 家電製品協会「これで解決!家電リサイクル」
  • 一般財団法人 家電製品協会「学ぼう スマートライフ」