PRESS RELEASE

国内空調機関連

2019年9月27日

株式会社富士通ゼネラル

19-N04-19

業界初(注1)のダブルAIと複眼輻射センサーで学習精度を向上「ノクリア®」Xシリーズ発売

独自の「オーダーメイド快適®」を更にきめ細やかに実現

当社は業界初のエッジAI・クラウドAI連携に加え、床温度を検知する複眼輻射センサーを新搭載することにより、快適な空間をより高精度に実現する「ダブルAI」を搭載したAIエアコン「nocria(ノクリア)」Xシリーズ(以下、Xシリーズ)を2019年11月上旬より発売します。

【新製品の特長】

1.ユーザーに合わせた「オーダーメイド快適」をさらにきめ細かく実現する「ダブルAI」と複眼輻射センサー

新しいXシリーズに搭載のエッジAIは、データ収集に加え、クラウド上のAIと連携して学習も行います。エッジとクラウドの2つのAIが室温や湿度、操作履歴などに加えて、複眼輻射センサーで床温度も学習し、これまで以上にユーザーの好みに応じた温度環境を作り出します。

2.高精度な学習データに基づき気流を先回りして吹き分ける「温度ムラ予測」機能

新搭載の複眼輻射センサーは、日射などの影響により室内で寒暖の差が発生する場所を検知、その情報を気象情報などと併せて「ダブルAI」が学習し、お部屋に温度ムラができる時刻や場所を予測します。温度ムラが発生する前に気流を吹き分けることで、室内全体を均一に快適にします。

3.もしもの時もすぐに修理を依頼できる「故障通知」機能

万が一の故障発生時にはスマートフォンに通知が入り、画面をワンタッチするだけで修理受付フォームに「機種名」「エラーコード」が自動で反映されるので、入力の手間の軽減や間違いの防止につながります。

XシリーズのAIは、当社が蓄積したエアコンに関するデータと、株式会社富士通研究所が30年以上研究している人工知能の技術を融合して開発しました。さらに、データ収集や学習、予測制御の役割を富士通株式会社のAI技術である「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(注2)」とXシリーズで分担・連携させることにより、高精度かつ高速なレスポンスを実現しています。当社は今後も、AI、IoT機能の活用を進め、更なる快適さを実現していきます。

「ノクリア」Xシリーズ:親しみやすさを表現したラウンドフォルムの室内機(左)とリモコン

注釈

注1:
国内家庭用エアコンにおいて。エッジAIとクラウドAIを連携。2019年9月27日発表。(当社調べ)
注2:
「Zinrai」は富士通株式会社の登録商標です。

拡大画像

「ノクリア」Xシリーズ:室内機(JPG:728KB)

「ノクリア」Xシリーズ:リモコン(JPG:218KB)


*「nocria」は株式会社富士通ゼネラルの世界的な商標です。

*「ノクリア」「オーダーメイド快適」「デュアルブラスター」は、株式会社富士通ゼネラルの登録商標です。