プラズィオン®(プラズマイオンUV加湿脱臭機)

  • トリプル脱臭
  • 集じん機能
  • 清潔加湿
  • プラズマイオン&UV
  • コンパクト設計
  • フィルター交換不要
  • その他の便利機能

プラズマイオン & UV

富士通ゼネラルだけのプラズマイオン&UV。PLAZION®が有害物質を分解·除去。

プラズマイオン放出、吸引UV照射イメージ図

イオン濃度約40000(注3)

放出除菌(注1)

1cm3あたり40,000個(注5)ものプラズマイオンと低濃度オゾン(注4)を放出。空気中の浮遊菌(注3)•カビ菌(注2)に加え、付着した菌(注1)も除菌します。

放出される低濃度オゾン(0.03ppm以下)は時間の経過とともに酸素に戻ります。

太陽光の約1600倍(注7)

吸引除菌(注3)

太陽光の約1,600倍(注6)もの効果を持った「UVランプ」を搭載。空気中の浮遊菌(注3)を本体内部に取り込み、紫外線を照射して抑制します。

業務用(注8)と同じUVランプ搭載は当社だけ(注9)

オゾンの優れた効果とは?
オゾン分子(O3)は時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質を持っています。このとき、残った酸素原子(O)は、空気中の悪臭分子や菌に反応し、酸化による抑制を行います。この性質を利用した脱臭や除菌が、現在さまざまな分野で注目を浴びています。


「プラズマイオン&UV」はなぜ効果的なのか?

放出除菌
付着している菌(注1)も除去 (手で触れるドアノブやソファーから菌を除きたい)
吸引除菌
浮遊している菌(注3)に素早い対応 (窓やドアから侵入した菌をできるだけ早く除きたい)

UVを1cmの距離から照射した試験の30秒後の効果であり、実空間の検証結果ではありません。

浮遊カビ菌:放出除菌による
カビ菌の除去効果(注2)

浮遊カビ菌の放出除菌による除去イメージグラフ

財団法人北里環境科学センターにて、プラズマイオンを放出した1m3の密閉試験チャンバー内の、1種類の浮遊カビ菌の数の変化を測定。80分間で99.95%減少。【試験番号】北生発21_0280号


放出除菌による
カビ菌の除去効果(注2)

浮遊カビ菌の分解。自然放置の場合とUV照射後の場合の効果比較表


PLAZION®が、浮遊ウイルスと付着したウイルスまで抑制します。

HD-124 : 25m³の試験空間による45分後の浮遊ウイルスへの効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。/ HD-125 : 25m³の試験空間による22.5時間後の付着ウイルスへの効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。

  • 浮遊ウイルス試験機関 : 北里環境科学センター 報告書 : No.北生発23_0138号 試験方法 : JEMA自主基準HD-124「空気清浄機の浮遊ウイルスに対する除去性能評価試験方法」 試験空間 : 25m³ 試験品 : プラズマイオンUV加湿脱臭機DAS-303A-W 試験結果 : 45分で99%以上抑制(試験品のON、OFFでの比較) 試験ウイルス :1種類の浮遊したファージ(ウイルスの1種)で試験 試験風量 : 急速運転
  • 付着ウイルス試験機関 : 北里環境科学センター 報告書 : No.北環発23_0023号 試験方法 : JEMA自主基準HD-125「空気清浄機の室内付着ウイルスに対する抑制性能評価試験方法」 試験方法 : 25m³ 試験品 : プラズマイオンUV加湿脱臭機DAS-303A-W 試験結果 : 22.5時間で99%以上抑制(プラズマイオンのON,OFFでの比較) 試験ウイルス : 1種類の付着したウイルスで試験 試験風量 : 強運転

 

注1 : 放出除菌
一般財団法人ボーケン品質評価機構(旧:日本紡績検査協会)にて、試験菌液(1種類)を滴下したPEフィルムをプラズマイオンを発生させながら9ℓ密閉容器内で24時間培養。生菌数が99.97%減少。試験番号028669
注2 : カビ菌
一般財団法人ボーケン品質評価機構(旧:日本紡績検査協会)にて、カビ菌(1種類)の胞子懸濁液をろ紙に塗布し、プラズマイオンを発生させながら28日間培養後観察。試験番号019190-1号
注3 : 吸引除菌
日本食品分析センターにて、滅菌済プラスチックシャーレに菌液(1種類)を滴下し紫外線を約1cmの距離から照射、点灯時間と減菌率との関係を評価。30秒間で99.99%を抑制。試験番号10060697001-02号
注4 : 低濃度オゾン
プラズマイオン&UV機能が動作している時に、わずかにプールの消毒臭のような臭いを感じることがあります。
注5 : 40,000個
「PLAZION(プラズィオン)」を壁際に置いて、風量最大運転時に20畳の部屋の中央付近で測定した空中に吹き出される1cm3あたりのイオンの個数の目安です。
注6 : 太陽光の約1,600倍
太陽光線に含まれる紫外線の波長350nmと「PLAZION(プラズィオン)」に搭載された吸引UV照射の紫外線の波長254nmの除菌効率をJIS規格において比較。(測定基準表より)
注7 : 業務用
業務用としても一般的に使用されているUVランプによる除菌効果。
注8 : UVランプ搭載は当社だけ
プラズマイオンUV加湿脱臭機及び家庭用空気清浄機において。(2011年8月21日現在 当社調べ)
*
「PLAZION」「プラズィオン」は当社の登録商標です。
*
実際の効果は、お部屋の状況やご使用方法によって異なります。本商品は医療機器ではありません。

 

ページの先頭へ


1つ前のページに戻る