環境活動 : 環境マネジメントグリーン調達

富士通ゼネラルグループでは、地球環境の保全に配慮しつつ、豊かな暮らしを創造する製品づくりを目指しており、そのために、お取引先のご協力のもと、資材調達の段階から環境に配慮した活動を行っています。

グリーン調達基準に基づく調達活動

富士通ゼネラルグループは、富士通グループ各社と連携してグリーン調達活動を推進しており、富士通グループ共通の「富士通グループグリーン調達基準」に基づくグリーン調達の要件を満たすお取引先からの調達を推進しています。

また、お取引先の環境マネジメントシステム、CO2排出量削減、水資源保全、生物多様性保全の取り組みについて富士通グループ共通の環境調査票でモニタリングするとともに活動の推進をお願いしています。

環境マネジメントシステム(EMS)の構築

富士通ゼネラルグループでは、環境保全活動を継続的に改善しながら推進いただくため、お取引先に環境マネジメントシステム(EMS)の構築をお願いしています。 お取引先の環境マネジメントシステムは構築レベルで区分しており、レベル3(ISO14001等の第三者認証取得)を原則としていますが、レベル1・2のお取引先に対して環境マネジメントシステムの構築・運用を支援しています。

EMS - 環境用語集ページ

化学物質情報の入手

 富士通ゼネラルグループでは、お取引先に対し、部品・部材の含有化学物質の調査を行っています。調査は、製品含有化学物質情報伝達スキーム「chemSHERPA(注3)」に準じて実施し、お取引先に対して説明会を実施しています。入手した情報は社内システムにより当社グループ内で共有するとともに、管理を徹底しています。

富士通将軍(上海)有限公司におけるお取引先への説明会の様子

chemSHERPA - 環境用語集ページ

製品含有化学物質管理システム(CMS)の構築

製品含有化学物質に関する法規制順守を確実にするため、お取引先にJAMP(注4)の「製品含有化学物質ガイドライン」に基づくCMSの構築をお願いしています。

お取引先のCMSについては、富士通ゼネラルグループの監査員がお取引先を訪問して構築および運用状況を確認し、必要に応じてレベルアップを支援しています。

CMS - 環境用語集ページ


注1 部材系のお取引先:
富士通グループ製品の構成部材またはOEM/ODM製品を納入するお取引先。
注2 簡易的な環境マネジメントシステム:
お取引先独自の環境マネジメントシステム。
注3 chemSHERPA:
製品含有化学物質情報伝達の共通スキーム(Chemical information SHaring and Exchange under Reporting Partnership in supply chain)の略。
注4 JAMP:
アーティクルマネジメント推進協議会(Joint Article Management Promotion-consortium)の略。

関連リンク

  • 経済産業省:家電4品目の「正しい処分」早わかり
  • 一般財団法人 家電製品協会「これで解決!家電リサイクル」
  • 一般財団法人 家電製品協会「学ぼう スマートライフ」