環境活動:方針・環境行動計画 マテリアリティの特定

マテリアリティ分析

富士通ゼネラルグループは、CSR の活動を推進するにあたり、マテリアリティ(重要課題)を特定し、事業活動を推進しています。

マテリアリティの特定にあたっては、SDGsやGRIなどの国際的なガイドライン、外部調査機関などによる各種調査結果を踏まえ、当社グループの企業理念や経営方針と照らして課題を抽出しました。抽出した課題は「ステークホルダーの関心・影響」と、「当社グループにとっての重要性」として整理し、より重要度の高い課題を重点取り組みテーマとしています。

マテリアリティ特定プロセス

マテリアリティ分析結果

マテリアリティ分析にて優先度の高い課題は重点取り組みテーマとし、活動を推進しています。

各項目下部に記載された番号は、当社が活動することにより貢献できると考えるSDGsの目標番号

環境活動に関する重点取り組みテーマ