PLAZION® プラズマイオンUV脱臭機 HDS-3000V

プラズィオン ツイン除菌+3WAY脱臭 HDS-3000V 高速3WAY脱臭で不快なニオイをスピード脱臭

仕様

HDS-3000Vの運転モードや風量、消費電力などの主な仕様をご紹介します。

プラズィオン®ご紹介ムービー

プラズマイオンUV脱臭機をご紹介する各種ムービーをご覧いただけます。

使用上のご注意

HDS-3000Vを安心して長くお使いいただくための使用上のご注意をご紹介します。


注1 最大約3倍の脱臭スピード :
当社脱臭機DAS-301R比 / タバコ臭の場合(当社調べ)8畳の部屋でタバコ1本喫煙後、臭気強度1.5以下になるまでの減衰時間の比較。(臭気センサーによる判定)
注2 ツイン除菌・放出除菌 :
特定非営利活動法人バイオメディカルサイエンス研究会にて、プラズマイオンを放出した120L試験ボックス内のウィルス量の変化をプラック法で測定。3分間で99.99%制御。試験番号08-24-B
注3 ツイン除菌・放出除菌 :
財団法人日本紡績検査協会にて、試験菌液を滴下したPEフィルムをプラズマイオンを発生させながら9L容器内で、24時間培養。生菌数が99.97%減少。試験番号028669
注4 ツイン除菌・吸引除菌 :
財団法人日本紡績検査協会にて、減菌済プラスチックシャーレに菌液を塗布し、紫外線を照射。点灯時間と減菌率との関係を評価。1秒間で99.9%抑制。試験番号23793
注5 ツイン除菌・吸引除菌 :
北里環境科学センター(北環発18_0026号)試験方法:1m³チャンバー内にて急速運転(消臭成分放出、UVランプ点灯)を行い、浮遊ウイルスの減少効果を評価。5分間で99.98%抑制。
注6 ビタミンC誘導体 :
ビタミンCは強力な抗酸化作用がありますが、そのままのビタミンCでは分子構造が不安定で壊れやすいため、浸透しやすいように合成された化合物です。
注7 交換不要 :
日本電気工業会規格JEM1467に準じて10年分の臭気を吸わせた後、1m³チャンバー内にてアンモニアの30分間除去率を測定。90%以上の除去率。
1ヶ月に1度の掃除機でのお手入れと、1年に1度の水洗いが目安です。(ご家庭での使用状況により、お手入れの頻度は異なってきます。また、使用状況によっては交換が必要な場合があります。)
「PLAZION」「プラズィオン」は当社の登録商標です。
掲載画像はすべてイメージです。